ノートパソコンも充電できる「USB PD」対応の充電器とUSB-Cケーブル

スポンサーリンク

もはや生活の中で必須アイテムとなったスマホ。外出中に充電が切れてしまったら結構困る人も多いのではないかと思います。

スマホだけでなく、iPadなどのタブレットやノートパソコンなどのモバイルデバイスを持ち歩く人も珍しくなくなりました。

まぁ私もその中の1人で、平日はいつも、スマホ2台、iPad Pro、ノートPCを常に持ち歩く生活をしております。

これだけ持ち歩く機器が多くなると、少しでも軽量化・コンパクト化を目指したい!

という事で、目を付けたのが「充電機器」。

統一する方法は、USB type-Cを利用する「USB PowerDelivery(USB PD)」の一択しかないでしょう。充電方法を全て「USB PD」に統一することで、充電器や充電ケーブルを共通化することができます。

 

スポンサーリンク

最近増えてきたUSB PD対応のノートパソコン

スマホの充電は、最近はUSB type-Cになってるスマホが増えてきたので、知ってる人も多いんですが、ノートパソコンもUSB type-Cから充電できるものも増えてきてます。

有名なところで言えば、MacBookですね。最近のMacBookシリーズは、USB PDに対応しています。

iPadも、iPad ProはLightningじゃなくてUSB type-Cになってます。

じゃあWindows PCはUSB PDに対応したノートパソコンは無いのかというと、そんなことはないです。

昔は、こんな感じのごっつい充電器と充電ケーブルを持ち運ばないといけなかったんですが、今は、本体自体も軽量化され、バッテリー駆動時間も長くなり、さらにUSB PD対応のノートPCも増えてきてるんです。

 

 

USB PD対応の大容量コンパクト充電器

もちろん、USB PD対応の機器を購入したら、純正の充電器が付属してきますが、これが結構大きいものが多いんですよね。

なので、ノートPCやタブレットなどの充電容量が大きいものにも充電できて、純正品よりもコンパクトな充電器が欲しいわけですよ。

ちなみに、持ち運ぶ機器に必要な出力容量がどれぐらい必要なのかによって、選ぶ充電器も変わってきます。

MacBook Airであれば、30Wでいいんですが、MacBook Proシリーズだと13インチで60W、16インチだと、何と96Wも必要になります。

これより出力が小さい充電器でも、充電できることはできるんですが、利用しながらだとうまく充電ができなかったり、パフォーマンスが落ちたりすることがあるので、可能であれば必要な出力容量以上の出力が可能な充電器を選ぶのがベストです。

30W以上の出力が可能で、持ち運びに便利なコンパクトな充電器を探してみました。

 

充電器だけじゃダメ!USB PD対応のケーブルも必要

意外と見落としがちなのが、USBケーブル。充電器の出力容量が大きくても、ケーブルがその出力容量に対応していないと、充電器のパフォーマンスを最大限まで発揮できません。
こちらも充電器の出力に合わせて、適切なものを選ぶ必要があります。

 

 

充電だけじゃなく、映像出力も可能なケーブルも

これは参考情報ですが、USBケーブルの中には充電だけではなく、映像出力も可能なケーブルもあります。
外出先ではノートPCのモニタだけで作業するけど、自宅に帰ったら大きいモニタに接続して作業する、というような場合は、映像出力にも対応したUSBケーブルを持っていると接続も楽チンです。

 

 

最後に

スマホだけじゃなくて色んなモバイルデバイスを同時に持ち出すことが多く、できるだけコンパクト・軽量化を目指したい私のような人には、USB PD対応機器が増えてくれるのはとってもありがたい流れです。

早くLightningケーブルとMicro USBが無くなって欲しい(笑)

共感できる人も多いかと思います。
同じような悩みを持ってた方の少しでも参考になれば…

タイトルとURLをコピーしました