『すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論』堀江貴文著

堀江さんの別の本を読んだことがある人や、TwitterやYoutubeなどの堀江さんの発言を聞いたことがある人は、そんなに違和感がある本ではないと思いますが、何も知らずにタイトルだけ見たら、かなりぶっ飛んでますよね( ゚Д゚)
教育委員会とか教師の方とか、この本見たらどう思うんだろう…。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


義務教育の「常識」を捨てろ!「好きなこと」にとことんハマれ!by ホリエモン

堀江さんは別の本でも、「好きなこと」をとことん追求してやるということを勧めてます。私も概ね賛同できます。

「学校なんていらない」「この本は学校教育という洗脳を解くための本だ」というのはちょっと極端ですが、今の学校教育だけで真面目な平均点を取れる子が、社会に出て世の中に名前が知られるような才能を持ったり、お金持ちになったりするかというと、確かに学校教育だけを真面目に受けてるだけだと可能性って低いなぁというのを、いざ社会人になって色んな企業・ビジネスパーソンと触れ合ってきて思いました。

教育は、よく「投資」にたとえられる。

投資とは、投資した側へのリターンが発生すること、すなわち投入した資本がそれ以上に大きな価値を社会に生み出すことをいう。

だが、いまの学校教育は「投資」になっていない。いざという時に引き出すための「貯金」にとどまっているのだ。

均一な内容を一方的に教え込み、暗記させていくという教育は確かに「貯金」という表現が的確だなぁと思いました。

投資は「先読み」が必要です。自分が社会の中でどう生きていきたいのか、その為に、いま学んだことが社会でどう活かされるのかをイメージ(先読み)しながら、学校教育を受けるマインドがあるだけで随分違うんでしょうか、社会に出て色んなことを経験した人ならともかく、小中学生、高校生あたりは、そこまでイメージできる人はほとんどいないでしょうね。

学校で教えてることは、「知識」じゃなくて「常識」

「どうして学校に行かなきゃいけないの?」

この質問に大人たちは、「学問を修めるため」「世の中で必要な知識を学ぶため」などと答える。しかしあなたは、社会に出て以降、学校で学んだ知識のうちどのぐらいが「役に立った」と感じただろうか?

(中略)

学校が教えることの9割は「知識」ではない。学校にとって知識など、添え物程度の意味しかない。学校はただ、ゆがみきった「常識」を植え付けるために存在する機関なのである。

社会に出て役に立つかどうかもわからないことを、ひたすら教え込まれ、受験・卒業・就職のために、どんな理不尽な勉強でも耐え、ひたすら情報処理能力を磨く。

この教育によって生み出されるのは、「従順な家畜」と表現されています。

私は仕事柄いろんな企業へ訪問することが多いんですが、旧来型というか、「今と同じことが出来ればいいんです」という雰囲気の会社も中にはあります。そんな企業は、尖った才能をもった社員や、イノベーションだ!みたいな革新的で行動力のある社員はむしろ邪魔で、「言う事を聞いてくれる従順な社員」がいればいいんでしょうね。

堀江さんもそうですが、社会に出て新しい価値を生み出していくような人って、やはり学校教育の中で従順に言われたことだけを勉強してきたんじゃないんだろうなーと思います。

これがきっと、「学歴なんか関係ない」ってことなんでしょうね(堀江さんは東大ですがwww)。

社会に出ると、一人のビジネスパーソンとなった時にどれだけ価値のある存在(=どれだけ価値を生み出せる存在)なのかが問われます。大学はめちゃくちゃ有名な良い大学を出ても言われたことだけしか出来ない「従順なよい子ちゃん」だと、価値は低いんですよね。うちの会社でも結構います(笑)

今後は、G人材とL人材に分かれていく

今後人々は、生まれた国や地域に関係なく、生き方、考え方、働き方の面において大きく二つの方向に分かれていくだろう。

1つは、世界規模ー”グローバル”を行動範囲とする「G人材」。

そしてもう一つは、地元ー”ローカル”に根付く「L人材」である。

分かりやすいのはL人材。いわゆる「地元大好き」な人です。自分の住んでいる地元を愛し、その中のコミュニティ(仲間)を一番大切にしてる人。コミュニティが一番なので、自分の結婚相手や子どももそのコミュニティに入れていく。そのコミュニティの仲間が大切だから、仲間意識が高く、逆を言うと仲間じゃない人に対しては排他的で冷たい。

こう書くと、頭のなかで「あいつの事だなぁwww」って思い浮かぶ人が何人かいるんじゃないでしょうか。

L人材と対象的なG人材は、合理的・寛大でフラットで、コミュニティや仲間よりも「自分がやりたいこと」を大切にし、フットワークも軽く、変化を好むような人です。

この本では、まだG人材は少なく、G人材になりたいと思っていても、LとGの間にいるような人が多いと書かれています。

ただし、テクノロジーが進化したおかげで、今や世界中のどこにいても働こうと思えば働ける世の中です。

L人材が悪いというわけではないですが、自分はL人材だからといってクローズされた世界で進化しないのではなく、G人材へ意識を持っていくことで、多くの可能性を広げるのは考え方として持っておくべきだと思います。

ブレーキを外して「行動」することが大切

本を読んだり、見たり聞いたり経験することで感銘を受けたとしても、多くの人が「行動」を起こしていないのです。なぜかブレーキを踏んでいるのです。

本書では、そのブレーキの根本の原因が、学校教育だと書かれています。

この本は、「アクセルの踏み方教本」ではなく、「ブレーキの外し方教本」として書いた。

従順な家畜として洗脳されていると、感銘を受けて何か行動しようとアクセルを踏んでも、同時にブレーキを踏んでるから前に進めない(行動を起こせない)。

私は本を読むことが好きです。そして、読んだ本から何か自分の将来に役に立つこと(自分が進化できること、仕事で効果があること)を見つけて、行動するのが好きです。

元々は本を読んでも、「なるほどなぁ」で終わってたんですが、少しずつ行動を起こすようになり、それが少しずつ効果として現れてきています。「行動すれば結果が変わる」という事が実感できるようになると、行動するのが楽しくなります。

学校教育でブレーキがかかっているかどうかについては、人それぞれなのかもしれませんが、

「今のままの自分で満足していない。将来を変えたい」と少しでも思っているなら、まず行動を起こすことが大事だと思います。

「この本を読む」という行動でもいいかもしれませんね。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ