数ある速読術の中で自分が一番しっくりきた速読術

私は読書が好きなので、新聞や雑誌・ネットなどで面白そうな本が紹介されてると、読みたくなってしまいます。そして読みたい本は気がつくと山積みになってしまいます。

なかなか時間が取れず、「もっと早く本を読めれば…」と思う事がよくあります。

なので、速読の本もいくつか読みました。

パラパラめくるだけで…とか、目の動かし方を…とか、まずは呼吸法から…とか。

どれも「これだ!」という速読術にはならず(笑)

そんな速読術の本の中で、比較的自分にとって参考になった速読の本がこの本です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

1冊の本を30分で読む

本のページ数に関わらず、「30分で読む」と言われると、どうでしょうか?絵本のような文字数の少ない本であればすぐに読み終わりますが、ビジネスマンが読むようなビジネス本・自己啓発本・自伝・資格本などは普通に読んだら30分では読み終わりません。

ですが、30分という時間を決めて、その時間内でこの本の中で重要な(自分が必要としている情報)を見つけて、ざっくり理解する、という読み方です。

「2割を読んで、8割を獲得する」というイメージです。具体的な方法については、本書を是非読んで頂きたいのですが、本を買うと「せっかくお金を出して買ったんだから、隅から隅まで読もう」と思ってしまうものです。しかし、その本の中には、自分にとっては既に知っている情報だったり、必要としていない情報も紛れています。そんな情報を得るために時間を掛けるのはもったいないので、思い切って読み飛ばし、必要な箇所だけをピックアップして読むという事です。

本を読むだけで終わりではなくアウトプットする

本を読んでる目的って何でしょうか?

情報をインプットして、自分のスキル・知識にするためでしょうか?

本を読む事で、なんとなく「勉強になった」とか「知識が身についた」みたいな感覚になって、そのまま終わっている事が多いかもしれませんが、この本では、情報を脳にインプットするという速読手法は、あくまでツールであって、インプットの後に情報を知識にして、活用し、創造的にアウトプットすることまでやる必要がある、と書かれています。

得た情報を加工して「価値」をつける

本を読んで得た情報をそのままアウトプットしても、その本の知識を横流ししているだけなので、そこに価値はありません。

本から得た情報を元に、自分で価値を付け加えてアウトプットすることがベストです。

モノだとわかりやすいですよね。例えば、魚を仕入れて、寿司という形に加工して顧客に提供する、という事です。

本は一冊1000円程度。その本から得た情報を元に、新しいビジネスのアイデアが思いついたり、生産性を高めてコストを削減できたり、1000円の仕入れで何倍も何十倍もの価値まで高めたアウトプットをする事まで見据えて本を読むことが大切です。

アウトプットしてみて人の反応を見る

得た情報を貯めこんでいるだけだと価値はありません。それはただの自己満足です。

得た情報から何かアイデアやイメージが閃いたら、身近な人に話してみる(アウトプット)と良いでしょう。

色々な人にアウトプットすれば、反応を得られますし、そこからさらに別のアイデアが閃くきっかけになるかもしれません。

人から反応が得られなくても、自分で話しているうちに、アイデアの欠点に気づいたり別のアイデアが閃くこともあります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ