【キャンプ場レビュー】道志の森キャンプ場はワイルドにキャンプを楽しめる

今年のお盆休みは2泊3日で道志の森キャンプ場へ行ってきました。

お盆の混雑状況は別記事でまとめています。

お盆休みは混雑しているのを覚悟して、人気のフリーサイトキャンプ場の道志の森キャンプ場に2泊3日で行ってきました。 キャンプ場レ...

今回は、人気キャンプ場「道志の森キャンプ場」の施設などのレビュー記事をまとめました。

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

キャンプ場基本情報

キャンプ場の場所

道志の森キャンプ場は、キャンプ場がたくさんある道志道にあるとても大きなキャンプ場です。

キャンプ場住所
〒402-0223
山梨県南都留郡道志村10701

アクセス方法

高速道路を利用する場合、中央自動車道からも東名自動車道からも行けますが、どちらもインターチェンジを降りてから結構距離があります。

また、道志道はいわゆる「山道」なので、途中道路の幅が狭い場所があったり、アップダウン、曲がりくねった道が続きますので、車酔いしやすい方は酔い止めを飲んだり途中休憩しながら行くなど気を付けた方が良いと思います。

出典:道志の森キャンプ場

出典:道志の森キャンプ場

出典:道志の森キャンプ場

料金

料金は、3歳以上の一律料金です。車やバイクは1台あたりの料金が必要です。

道志の森キャンプ場の特徴は、管理棟で受付することも可能ですが、巡回するスタッフの方に受付する事も可能です。ただし、1人当たりの料金は管理棟受付に比べて、巡回時受付だと100円高くなるので、多くの方は管理棟で受付されます。受付が完了すると、領収書をもらうので、受付した目印として車のフロントの見えるところに領収書を置いておきます。

出典:道志の森キャンプ場

利用時の注意点

道志の森キャンプ場のHPに注意事項が記載されてますので、初めて行く場合は事前に一読しておいた方がいいと思います。

道志の森キャンプ場のHPはこちら

以下、特に注意すべき点を記載しておきます。

利用可能期間 1年中利用が可能ですが、11月中旬から4月中旬までは、水道・水洗トイレなどの施設が使えません。
冬季の利用時は夏季に比べて空いていますし、静かでゆったりキャンプを楽しめますが、水道・水洗トイレが止水されて使えないので、かなりワイルドキャンプになります。高規格キャンプに慣れている方はそれなりの覚悟があった方がいいと思います。
チェックイン 基本的には午後12時ですが、GW・夏休み・シルバーウィークなどは朝8時頃から管理棟で受付が可能です。
チェックアウト 午後12時です。特に手続きはないので、12時までに片付けを終えてキャンプ場外へ出れば問題ないです。まぁ特に手続きもなく、サイトも広大なので厳密なチェックはしていないので、目安といった感じですかね。
予約受付 道志の森キャンプ場はサイトの予約は受け付けていません。完全に早い者勝ちです。
ゴミ処理 ゴミは完全持ち帰り制です。有料での廃棄も受け付けてません。
携帯電話 ソフトバンクはアンテナが設置されて通信できるようですが、ドコモ・auは圏外になる場合が多いです。ドコモは管理棟付近で通話できるという事ですが、本当に管理棟の建物あたりだけかな。ちなみに管理棟では無料Wi-Fiが利用できるので、ドコモ・auの場合はWi-Fiをうまく活用するのが良いかと思います。

場内マップ

出典:道志の森キャンプ場

道志道から、道の駅近くで曲がって暫く直進すると、キャンプ場へ到着します。

プールは入り口から奥の方にあります。管理棟からプールまで歩いて2分ぐらいです(坂道)。

実際に現地に行けばわかりますが、この地図はかなりざっくりです(笑)

場内の様子

入り口付近の看板が見えたら、直進するか左折するかに分かれます。直進すれば管理棟やプールの方へ進みます。左折すると川沿いのサイトになります。

入り口の看板を左折してすぐのところにあるトイレ。かなり気合が入ったトイレです(笑)。入り口から一番近いトイレなので、朝7時の入場前に入場待ちで待機している人は、このトイレまで歩いて来てました。

入り口左折後のトイレをさらに奥へ進むと、炊事場とトイレがあります。こちらのトイレは綺麗です。入場待ちの人で、入り口付近のトイレが気合い入りすぎてて使えない人は、こっちのトイレまで歩いてきてました。

炊事場・トイレをさらに進むと川沿いサイトが続きます。途中炊事場や水道がいくつか設置されています。

中央あたりのバンガロー(ひまわり・たんぽぽ)付近の炊事場です。

炊事場の横にはコインシャワーがあります。

さらにその横には水洗トイレがあります。17アイスの自販機は場内にいくつかありました。

男子トイレの様子。キレイに清掃されてます。個室の方は完全に締まるドアがついてきて、隙間は個室の上から虫が入ってきにくいようになってました。

山の中のキャンプ場なので、虫は多いです。使用が終わったら、どのトイレも電気を消すように書かれていました。それと、場内のどのトイレでもトイレットペーパーが設置されていないので、トイレに行くときはトイレットペーパー持参で行く必要があります。管理棟でも販売されてますが、割高なので自宅から持って行った方がいいでしょう。あと、トイレットペーパーだけ持っていくのも微妙なので、何か手提げ袋みたいなものもあるといいかと思います。

場内の道は、ほとんどが砂利の坂道です。急こう配の道や道幅が狭い場所もあるので、運転に自身の無い方は注意。

管理棟。この付近ではWi-Fiが利用できます。

管理棟から川を渡る橋。この先にお風呂があります。

お風呂の外観。笑っちゃうぐらいワイルドです(笑)

夜、1人で来たらめちゃ怖いですよ。

お風呂の様子。1回だけこのお風呂を使いましたが、もう二度と入りません(笑)

狭いし古いです。一番キツいのが、洗い場にシャワーが無いんです。それぞれの洗い場に蛇口が2つ設置されていて、片方が冷水・もう片方が熱湯がでます。どちらも出して自分で温度調整して、タライに貯めて使うという形になります。

誤って熱湯の方だけ出してしまって、足に掛かったりしたらやけどしちゃうレベルです。小さい子どもと一緒に入るのはキケンなので、どうしてもお風呂に入りたいなら、車で10分ぐらいのところにある道志の湯に行った方がいいです。

朝7時前のプール。さすがにまだ誰も入ってませんでした。

プールの水も川から引いてるので、普通のプールと比べても水温は低いです。

我慢できないレベルじゃないですが、途中休憩して体温調整しないとかなり寒くなります。川の水温はさらに低いので、川には入れない事はないですが、5分以上は無理なレベルです(笑)

プール横のトイレ。ここもキレイで、場内で一番大きいトイレです。

トイレ横の炊事場。食事時前後はかなり込み合います。

周辺施設

道志の湯 一番近いお風呂。露天風呂はないです。
大人700円、小人450円
営業時間は午前10時~午後8時まで
紅椿の湯 キャンプ場から車で20分ぐらいですが、道志の湯より広くて設備も充実してます。
大人1000円、小人500円(3時間まで。キャンプ場の管理棟で割引券あり)
営業時間は午前10時~午後9時まで
道の駅どうし キャンプ場近くの道の駅
特産品直売品も販売してるので、食材やお土産にも。
時期や時間帯によっては、駐車場が満車になる事と、特産品も食材となるものはそんなに多くないので、食材や飲み物は事前に用意しておいた方が良いです。

まとめ

道志の森キャンプ場は、様々な地形のサイトで、しかもフリーサイト。プールや川もあるので子ども達も楽しめる。そんなキャンプ場ですが、一方で携帯の電波が入りにくかったり、虫が多かったり、お風呂が古かったり、近くにスーパーが無かったりと、結構不便な面もあります。

いわゆる「高規格キャンプ場」とは言えないキャンプ場ですが、緑豊かな森の中で川のせせらぎを聞きながら、ワイルドな自然満喫キャンプをするならベストなキャンプ場です。

関東でキャンプをやっている人なら「一度は行ってみたい」と多くの人が言う人気キャンプ場なので、1度は経験してみるのはアリだと思います。

1度経験して、道志の森キャンプ場にどっぷりハマる人もいれば、「1回でいいかな」という人もいます。

さて、あなたはどっち派でしょうか?是非1度、道志の森キャンプ場を経験してみてください。

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ