キャンプ場に着いて「失敗したっ!」ってならない為の出発前チェック6項目

キャンプに慣れるまではキャンプ当日の何日も前から荷物チェックしたり、天気予報見たり、キャンプ場に到着したら何しようかとか色々考えて計画していましたが、キャンプに慣れてくると荷物も当日の朝に車に乗せたり、料理も当日の買い物をしながら決めたりといった感じでかなりルーズなキャンプ計画になることがあります。
今回もルーズキャンプでいくつか失敗してしまったので、反省も兼ねて記事にしておこうと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ


キャンプ当日までに計画的にやっておくべきこと

消耗品の補充

キャンプにいくと毎回使う消耗品があります。キャンプに行ったあとで、それらの消耗品の在庫が少なくなっていたら次回のキャンプまでに早めに補充しておきましょう。

今回、私が補充を怠ってしまったのは、アルミホイルと軍手。キャンプ場の管理棟などで消耗品を販売している場合や、キャンプ場近くにホームセンターやスーパー、コンビニなどがあれば買いにいくこともできますが、貴重なキャンプ場での時間を浪費してしまう事になるので、事前に補充しておくようにしましょう。

その為には、キャンプが終わったらすぐに消耗品の確認&購入を忘れないようにしておく必要があります。一手間増えますが、キャンプ場に着いてから「あれ?無いっ!」ってなるよりはいいですよ。

保冷剤の冷凍は数日前から

我が家では、冷凍庫のスペース確保のため、キャンプに行かないときは保冷剤は常温で保管してます。なので、キャンプに行く前になると保冷剤を冷凍庫にいれます。

が、前日に入れても完全に凍るには時間が足りない事があるので、数日前から冷凍しておく必要があります。

特に夏場のキャンプでは保冷剤が凍ってない事でクーラーボックスの保冷効果がすぐに弱くなってしまう事があるので、計画的に保冷剤を冷凍しておきましょう。

電池の交換・充電

我が家はライトはほぼLEDに統一してます。

家にいればスイッチひとつで明るくなるので、そのありがたみを日常生活の中で実感することってあまり無いですが、キャンプ場は屋外で、キャン...

LEDライトなので、電池が切れると大変なことになります。電池は毎回購入するのもコスパ悪いので、我が家はAmazonの充電式の電池を使っています。
電池もキャンプに行って、帰宅してから忘れないうちに充電しておくことをおススメします。

それと、ビデオカメラなどの充電も忘れがちです。
今回、カメラは充電OKだったんですが、モバイルバッテリーの充電を忘れてました。「スマホの充電はモバイルバッテリーがあるから大丈夫!」って思ってましたが、まったく充電できずに不自由な思いをしてしまいました。

アメニティグッズや調味料も忘れずに

意外と忘れがちなのが、シャンプーや歯ブラシなどのアメニティグッズや、醤油やオリーブオイルなどの調味料。

アメニティグッズは忘れないように「お泊りセット」としてまとめていたんですが、丸ごと忘れてしまいました(笑)

調味料も、「調味料ケース」に色々まとめて入れてるんですが、消耗品と同様で使い終わってしまったことを忘れて、補充してない場合があります。

「ここに入ってるはず」という油断をせずに、ちゃんとチェックしないとダメですね。。。

料理のレシピは事前に決めておく

今回我が家は1泊2日で、しかも我が家だけのファミキャンだったので、料理もテキトーで!なんて感じで余裕こいてしまったんですが、当日スーパーに寄ってから決めたので、かなり無駄な出費をしてしまいました。

ファミキャンとは言っても、例えば冷蔵庫にある食材や調味料を持っていくとか、レシピを決めておくとか、節約して計画的に準備しないと無駄が多いキャンプになってしまいがちです。

初心を忘れず。持ち物リストを作っておく

小学校の遠足の時、持ち物リストで何度も忘れものが無いかチェックする派でした(笑)

なのに、大人になって油断して、当日後悔してしまうという、なんとも情けない話です。。。

やはり、初心に帰って、ちゃんと持ち物リストを作ってチェックしておく方が後で後悔しないからいいですね。

まとめ

やっぱり計画って大事ですね(笑)

マンネリキャンプは反省です。次回からはしっかりと初心に戻って持ち物リストを作って、計画的なキャンプを目指そうと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ