キャンプの夜には明かりが必要。懐中電灯?ランタン?初心者におススメの照明器具

家にいればスイッチひとつで明るくなるので、そのありがたみを日常生活の中で実感することってあまり無いですが、キャンプ場は屋外で、キャンプ場に設置された照明で多少の明かりはありますが、基本的には暗闇です。
普段の生活の中では照明器具を買うことってあまり無いですよね。自宅の照明もLED化されれば、10年単位で交換不要になりますし、防災用に懐中電灯などを購入するとしても頻繁に買い替えるものでもありません。

実はキャンプなどの経験がないと、照明器具を購入する機会ってあまりないんですよね。

今回は、キャンプ初心者向けに、キャンプで使える照明器具をご紹介したいと思います。

キャンプにはどんな照明が必要?

キャンプの時には、夜の生活で必要な照明が必要になります。

自宅であれば、リビングやキッチン、寝室などに照明があるように、キャンプの時にも部屋の照明が必要です。

リビング・ダイニング・キッチンは基本的には屋外(場合によってはタープ下)になります。寝室はテントの中ですね。キャンプの夜の照明のメインです。

リビングというか、キャンプの時にみんなでくつろぐスペースの照明は、会話を楽しんだり食事をしたりするのに困らないような明るさが必要です。このスペースで焚き火をする事が多いので、焚き火の明かりも照明になります。

キッチンスペースの照明は、包丁などの調理器具を使用したり、焼け具合を確認したりと、結構な明るさがないと不便です。

寝室は、基本的には寝るだけなので手元が確認できる照明があれば十分です。ただし、キャンプの夜は何かと緊急事態が起きることもあるので、寝室を照らす照明とは別に、何かあった時用の明るい照明も手元に置いておくとよいでしょう。

これらのスペースを照らす照明とは別に、移動時の照明も必要です。キャンプ場では、自分たちのテントスペースからトイレや調理場などに移動するシーンもかなり多いです。キャンプ場によっては、自分たち以外のキャンパーサイトの明かりで十分明るかったり、キャンプ場自体に照明を設置してくれているところもありますが、他キャンパーが少なかったり、キャンプ場自体の照明も少ないと、場合によっては真っ暗闇だったりします。

なので、各自が移動時に手元足元を照らせる照明を持っておくことをおススメします。

おススメの照明器具

キャンプを始めようと、アウトドア専門店に行ってみると↓のようなランタンを見かけると思います。

何かお洒落っぱいし、雰囲気でるし、キャンプやってるっぽいし、欲しくなると思いますが、初心者がいきなりこういうランタンに手を出すのはやめた方がいいです。

確かにお洒落で雰囲気でるし、明るさもとっても明るいんですが、めんどくさいんです。メンテナンスも必要ですし、別途燃料も必要です。スイッチ1つで明かりがつくわけではなく、つけるための作業も必要になります。

初心者は何かとドタバタして忙しくなってしまうので、極力不要な作業は減らしておきたいところです。なので、キャンプに慣れるまではガスやホワイトガソリンが燃料のランタンは我慢した方がいいでしょう。

という事で、初心者におススメなのはLEDの照明です。

いくつかご紹介していきます。

ジェントス エクスプローラープロフェッショナル EX-777EX

基本情報
サイズ:φ84×185mm
重量:817g
明るさ:280ルーメン
使用電池:単1×3本
稼働時間:High72時間、Low144時間
その他:防滴仕様

これは持っている人も多い超有名LEDランタンです。明るさも十分で、テーブルに置いて使うことも逆さにして吊るして使うこともできます。しかも、値段が2000円台というお手頃価格なので、1つ持っておいて損は無いです。もちろん、我が家も持っています。

ジェントス エクスプローラー SOL-036C

基本情報
サイズ:φ73×158mm
重量:400g
明るさ:380ルーメン
使用電池:単3×6本
稼働時間:High(昼白色)14時間、Low(昼白色)110時間など
その他:防滴仕様、3色切替・キャンドルモード

こちらもジェントスです。値段が少しだけ上がりますが、EX-777EXよりも明るく、光の色を白色・昼白色・暖色の3つに切り替えることができます。また、キャンドルモードにすると、ろうそくのような「ゆらぎ」も出せます。

snowpeak ほおずき・たねほおずき

基本情報(たねほおずき)
サイズ:φ62×75mm
重量:57g
明るさ:60ルーメン
使用電池:単4×3本
稼働時間:High40時間、Low70時間など
その他:3モード+無段階調光

snowpeakのLEDランタンです。非常にコンパクトで、無段階調光が可能です。「ゆき」「つち」「もり」など、色の違いで名前がつけられています。
青色のドラえもんエディションもあります。

Litom LEDヘッドライト

基本情報
サイズ:62×48×37mm(ライト部)
重量:74g
明るさ:168ルーメン
使用電池:単4×3本
稼働時間:High30時間、Mid55時間、Low120時間
その他:防水仕様、6モード切替、ディミング

トイレや炊事場などの移動時や、洗い物などの手元作業で両手を使っているときは、ヘッドライトが便利です。
このヘッドライトは、微妙な角度調整やモード変更、ディミングというジェスチャーセンシング機能が使えて非常に便利です。

スマイルLEDランタン

基本情報
サイズ:170×110mm
重量:150g
明るさ:不明
使用電池:単3×4本
稼働時間:50時間
その他:
スマイルが可愛いLEDランタンです。値段も安くて種類も豊富なので、複数購入して並べて使用している方が多いですね。子ども用の移動時の照明としてもいいかもしれません。

BRISIE LEDランタン

基本情報
サイズ:80×60mm
重量:198g
明るさ:196ルーメン
使用電池:無し
稼働時間:不明
その他:防水仕様、モード切替

コンパクトなLEDライトとしても十分使えますし、2800mAhのモバイルバッテリーとしても利用できます。

お得にLEDライトをゲットするならAmazonタイムセール

LEDライトは、発売されている種類が非常に多いです。キャンプでは複数個持っておいて損はないので、いくつか購入してみて、気に入ったものを買い増すのがいいかと思います。

出来るだけお得にLEDライトをゲットするなら、Amazonタイムセールがおススメです。Amazonタイムセールはいつも開催されていて、アウトドアのカテゴリを見るといつもLEDライトが数種類販売されています。

まずはAmazonタイムセールを有効に活用して、お得にLEDライトをゲットしてみるといいと思います。