【キャンプ道具】我が家の一軍キャンプアイテム(テーブル・チェア編)

昨日は我が家の一軍キャンプアイテム(テント編)という事で、ランドロックをご紹介させていただきました。

そろそろ温かくなってきて、ゴールデンウィークあたりからキャンプの計画を立てられてる方も多いのではないでしょうか。 我が家は、「寒い...

本日は、第2段という事で、テーブル・チェアをご紹介したいと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

VISIONPEAKSアルミロールテーブル

出典:ヒマラヤスポーツ

ロースタイルでサイズ感も丁度いい

出典:ヒマラヤスポーツ

このテーブルは、そのまま設置する「ハイスタイル」と、足を外して設置する「ロースタイル」に切り替えが可能です。

我が家では、いつも「ロースタイル」で設置しています。

ファミキャンの時は、家族3人ですが、調理もこのテーブルで一緒にやってしまうので3人でも大きすぎるという事はありません。

グルキャンの時は、キッチンを別にしたり友人のテーブルを並べて大人数でワイワイやってます。

アルミテーブルなので熱や汚れに強い

天板がアルミ製なので、熱や汚れに強いです。

熱い調理器具などをそのまま置いても大丈夫なのは、わざわざ鍋敷きなんて用意しないアウトドアでは使い勝手がとても良いです。

それと、いくらキレイにこぼさず使おうと思ってもアウトドアだと何だかんだで汚れます。このアルミテーブルは汚れても気にせず使えるので、その点も気に入っています。

ロールアップなので収納がコンパクト

我が家のキャンプ時のテーブルは、いくつか変わってきました。

先代のテーブルは、こちら↓

このテーブルも設置してしまえば全く問題ないんですが、収納スペースが大き過ぎるのが難点でした。車で運ぶ時も、家での収納時もとにかくデカすぎて邪魔(笑)

このテーブルは、メルカリで新しいご主人様のところへ旅立っていきました(^^♪

Helinox サンセットチェア

出典:Helinox

キャンプを快適に過ごすために一番こだわりたいのがチェアです。

チェアも歴代いろいろ試しましたが、やっぱりたどり着くのは王道ですが、Helinoxでした。

チェアワンじゃなくてサンセットチェア

出典:Helinox

Helinoxチェアで一番有名なのは、チェアワンだと思います。

当然、チェアワンも第一候補にあがってたんですが、どうしても私がこだわりたかったことが1つあります。

「座ったまま寝落ちしたい(笑)」

キャンプで楽しくお酒を飲みながら談笑して、焚き火の前でぼーっとしながらウトウト。。。

最高に気持ちいいんです(#^^#)

そのためには、頭部までカバーしてくれるハイバックタイプが欲しかったんです。

だから、チェアワンじゃなくてサンセットチェアにしました。

軽量・コンパクトなのに耐荷重145kg

Helinoxと言えば、軽量・コンパクトです。

サンセットチェアも重量が1.34kg。スタッフバッグ込みでも1.48kgと超軽量です。

大きさは収納サイズで47cm×12cm×14cmです。

Helinoxチェアワンは、重量が890g、収納サイズが35cm×10cm×12cmなので、チェアワンと比較するとひとまわり大きくて重いですが、耐荷重145kgでこの快適な座り心地でこのサイズを実現してるのは、ホント凄い。

やはり収納サイズって大事

サンセットチェアの前は、こちらを使ってました。

このチェアは、サイドにテーブルも付いてて、安定感があって座り心地も良かったんですが、やっぱり収納サイズが大き過ぎる。

キャンプ初期はそもそもキャンプ道具が少ないので車の積載も自宅の収納も気になりませんでしたが、キャンプの頻度が増えてキャンプ道具も増えてくると、車に積載するキャンプ道具も全部は積載できなくなります。

「必要最低限のものだけ」と思っても、その1つ1つが収納スペースをとってしまうとマストアイテムも載せられなくなります。

あと、若干積載にスペースが空くぐらいにしておかないと、車のバックミラーが見えなくなるので危ないです。

キャンプ初期の頃の重要度は、

快適 > 収納

だったんですが、キャンプ道具が増えてくると、

快適 < 収納

って感じで、収納力がある(=コンパクトなアイテム)を優先するようになりました。

チェアは、ソロキャンプじゃなければ複数持っていくことになるので、大きすぎないチェアがおススメです。

中でもHelinoxのチェアは座り心地も包まれるような快適さでおススメです。

まとめ

今回はテーブルとチェアをご紹介しました。

キャンプに行くと、食事やおしゃべりする時間が長いと思いますが、テーブル・チェアが快適じゃないと、使いにくくてストレスになったり、足腰が痛くなったりして気持ちよく過ごせません。

我が家は、「快適でしかもコンパクトなテーブルとチェア」ということを大事にして選んでます。

これからキャンプ道具の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ