【エアマット】ニーモのコズモ3Dロングワイドでキャンプで快眠

キャンプで快眠するには、ゴツゴツした地面の凹凸を緩衝し、地面からの底冷えを防ぐためにもマットは必須アイテムです。
私は基本的にはコットで寝ますが、コットで寝る時もシングルサイズのマットを敷いてから寝ています。

今使っているマットも経年劣化で寝ている間に徐々に空気が漏れてしまい、朝方には半分ぐらい空気が抜けてしまっています。
そろそろ買い替え時かと思い、キャンプ用のマットを調べてみたらニーモのエアマットがめちゃめちゃ良さそうでした!

コズモ3Dロングワイドの基本情報

本体重量 970g
サイズ 幅64cm・高さ193cm・厚さ9cm
収納サイズ 27×φ12cm
参考使用温度 2~7℃
素材 75D PUポリエステル
付属品 専用スタッフサック、コンプレッションストラップ、リペアキット

コズモ3Dロングワイドの良い点

中央部がカーブして体にフィット

緩やかにカーブを描く新開発の3Dボディマッピングのバッフルにより、中央部で包み込まれるような安定感を得ることができます。

引用:イワタニ・プリムス

一般的なマットは、フラットな形状のものが多いですが、このマットは中央部が沈んで両サイドが高くなっています。「3Dボディマッピング」という名の通り、体を包み込むような形状になっていて、体が自然とマット中央部に寄りやすく、寝相が悪い人でもマットから転落する心配も減ります。

ハイスピードポンプで簡単セットアップ


足元側に、ハイスピードフットポンプが内蔵されているので、別途空気入れを持っていったり、口で膨らます必要はありません。
足で踏むだけで好みの厚さに調整することができるので、セットアップが非常に簡単です。

デフレーションバルブで片付けもスピーディ


セットアップの時には足元側のフットポンプを使いますが、撤収時に便利なのが頭側についているデフレーションバルブ。
このデフレーションバルブを開けることで、一気に空気を抜くことができるので素早い撤収が可能です。

まとめ

ニーモのエアマット、収納時はコンパクトで重さも1kg未満ですし、セットアップ時も撤収時も素早くできるように設計されています。そして一番大切な寝心地も3Dボディマッピングで快適そうです。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ