キャンプで使える!おススメのゴミ箱4選

キャンプに行くとゴミって出ちゃいますよね。
事前準備をしっかりして、極力ゴミが出ないようにすることも大事ですが、それでも1つもゴミが出ないようにするのはかなり難しいです。
さらに、ゴミになってしまうものは、燃えるものやビン・缶・ペットボトルだったりと、分別が必要になります。

キャンプでのゴミ箱事情で色々と試行錯誤した経験から、おススメのゴミ箱をご紹介したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コンパクトにならないと持ち運べない

家庭で使うゴミ箱と大きく違う点がゴミ箱を持ち運ぶ必要がある点です。
我が家は車でオートキャンプ場へ向かうファミキャン・グルキャンが多いので、車内でコンパクトに収納ができるゴミ箱である必要があります。

ある程度の容量が無いとゴミ袋の交換など手間が増える


出典:Yahoo!ショッピング

コンパクトに折りたためて、見た目もお洒落なゴミ箱という事で、初めて買ったキャンプ用のゴミ箱はROOTOTO(ルートート)のトートバッグルーガービッジでした。

エコバッグのようにコンパクトに折りたためるので収納問題はクリアしていましたし、内側にゴミ袋をセットすれば外側からは見えないので生活環も無いです。
しかし、いざ使ってみると色々と問題がありました。

まず一番の問題がサイズ。W30cm×H40cm×D20cmの大きさに、内側にゴミ袋をセットして使うんですが、1人~2人ならまだしも、ファミキャン・グルキャンである程度人数がいると、すぐゴミ箱がいっぱいになります。
ゴミ捨て場がキャンプ場内にあれば持っていくという手もありますが、それも手間ですし、かといって自サイト内にずっと置いておくのも景観・におい・スペース的にも問題アリです。
また、すぐ容量がいっぱいになってしまうと、その度に内側のゴミ袋を取り付け直さないといけないのも地味に手間なんです。

2つ目の問題が、自立しにくい事。
このゴミ箱は、素材がポリエチレンで、厚手のレジャーシートみたいな感じなので、一応自立することはするんですが、ちょっと強めの風が吹いたり、ビンや缶などのゴミを軽く投げ入れたりするだけで倒れてしまいます。

3つ目の問題が、持ち手。
トートバッグ型なので、持ち手が付いていて持ち運びには便利なのですが、ゴミを入れる時に持ち手が邪魔なんです。
まぁ小さな問題ではあるんですが、地味にイラっとしますし、子どもが汚れたゴミを入れようとした時に持ち手に汚れが付いてしまったりすると、その後毎回ゴミを入れる時に気になっちゃって。。。

という事で、我が家のスタイルにはこのゴミ箱は合わず、登場1回で終了となりました。

分別できるゴミ箱・もしくは複数ゴミ箱を用意

ゴミを引き取ってくれるキャンプ場でも、ほとんどの場合はそのキャンプ場のルールに従って分別が必要です。
ゴミ箱は1つで、ゴミ出しする時に分別するのは手間が増えるだけなので、できればゴミをゴミ箱に捨てる時に分別して捨てられるようにしておきたいです。
なので、分別してゴミ袋をセットできるタイプか、もしくはゴミ箱自体を複数個用意するという形になります。

おススメのゴミ箱

ということで、我が家の経験から、ある程度ゴミ箱の容量が大きくて、分別して擦れられて、しかもコンパクトに収納できるゴミ箱という3つの条件をクリアできるおススメのゴミ箱を紹介します。

DODステルスエックス


ゴミ箱の上にテーブルが付属していて、ゴミが見えにくくなっています。
もちろんテーブルはテーブルとして使えますし、テーブルが設置されてる状態でもサイドからゴミを捨てることもできます。
色もブラック(別色でタンもあります)で統一されていてゴミ箱に見えないゴミ箱です。

チャムス ポップアップトラッシュカンハイ


ワンタッチテントのように、左右の留め具を外すと立ち上がるゴミ箱です。
真っ赤で目立つ色ですが、サイトレイアウトのワンポイントとしても使えそうです。
サイドのベルクロロープでテントやタープのポールやテーブルの足に固定することもできます。

コールマン ILポップアップボックス

こちらもチャムス同様、ポップアップタイプのゴミ箱です。
コールマンは、インディゴレーベルシリーズとして他にもテントやスパイスボックス、ランタンなど色々な商品をリリースしているので、同系色で合わせるのもいいかもしれません。

ユニフレーム UFダストスタンド4&ダストスタンドカバー

ゴミ袋を4つセットできるダストスタンド。
サイズ的にはコンパクトなので、人数が多い場合や宿泊日数が長い場合は、2分割で使用するかスタンド自体を複数持っておくといいでしょう。
また、このダストスタンドは専用のダストスタンドカバーがある(別売)ので、ゴミ袋の目隠しにもなります。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ