キャンプ・BBQで一番簡単で安全な火起こし方法

キャンプやBBQで炭に火をおこす時ってどうやってますか??

私はキャンプを始めるまでは、BBQをする時は炭に火がつくまで、うちわで扇ぎまくってました( ゚Д゚)

BBQする季節って夏が多かったので、うちわでずっと扇いでると汗が止まらなくなってしまうぐらい、火起こしって大変な作業だと思ってました。

キャンプを始めてからは、BBQで炭に火をつける簡単な方法を教えてもらったので、うちわを使うこともなくなりました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

簡単に炭に火をつける方法、それは「放置」!

炭に火をつける簡単な方法、それはめちゃくちゃ簡単です。着火剤に火を付けたらあとは暫く放置する。これだけです。
というだけでは分からないですよね。すみませんm(__)m

知ってる人も使ってる人も多いので、敢えて言うほどのアイテムでもないんですが、「火起こし器」を使うという方法です。


出典:キャプテンスタッグ

火起こし器とは、その名の通り火を起こす道具なんですが、着火剤などの燃えるものの上に炭を入れた火起こし器をかぶせて、着火剤が燃えるときの空気の対流を、煙突効果で促進させることで、効率よく炭を燃焼させるという仕組みの道具です。
煙突効果で勝手に炭を燃やしてくれるので、うちわで扇いだりする必要は一切なく、そのまま暫く放置しておけばOKです。

おススメの火起こし器


出典:Amazon

火起こし器は、アウトドアメーカーなどからいくつか発売されていますが、一番おススメなのはキャプテンスタッグの折りたたみ火起こし器 炭焼き名人です。
コンパクトに折りたたんで収納できるし、千円台で購入できます。
我が家でもこの火起こし器を使っていて、収納時はユニフレームの焚き火台と一緒に焚き火台ケースに収納してます。
コンパクトなので隙間にスッと入っちゃいます。

円柱型の火起こし器も発売されてます。これは火起こし器としてはいいんですが、収納時もコンパクトにならないので、この円柱サイズがいい場合は、火起こし器兼火消し壺にもなるタイプをおススメします。
炭に火を起こす時は火起こし器として使い、使い終わって炭が余っていたら、この中に余った炭を入れて持ち帰れば、次回のキャンプの時にこの炭を再利用する事ができます。

DODの「すごいよカオルさん」は、なんと1台4役!
火起こし器としての機能だけではなく、燻製を作るスモーカーとしても使えますし、小さめのピザを焼くオーブンとしての利用や、寒い時には薪や余った炭を使ってストーブとして使うこともできます。

着火剤もジェルタイプなど様々なタイプの着火剤がありますが、火起こし器を使う場合は、シンプルにその着火剤に火をつければ単体で暫く燃焼してくれる一般的なタイプの着火剤で十分です。

まとめ

炭に火をつける簡単で安全な方法をご紹介しました。
キャンプで火を起こしてる時って、並行して料理の準備をしてたりして、結構忙しかったりするので、火起こしは火起こし器に任せるのは、手間を省けていいですよ。
我が家が買ったキャプテンスタッグの折りたたみ火起こし器 焚き火名人は、3年以上100回近く使ってますが、まったく問題なく現役で使えてますので、千円台で買えることを考えるとコスパもめちゃめちゃいいです。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ