キャンプで使うナイフやナタを所持してたら銃刀法違反になる?

キャンプでは料理で使うナイフや焚き火をするための薪を割るためのナタなど、刃物を持っていくことって多いです。
こういう刃物って持っていた時に警察から職務質問されたりしたら銃刀法違反になっちゃう?
持っていても刃渡りが短いナイフだったら大丈夫?

試しに職質されてみよう!
なんてわけにはいかないので、ちょっと気になったので調べてみました。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

所持している刃物の長さに規制はある?

まず持っている刃物の長さで罪に問われるかどうかが変わるのか?という点で調べてみました。
4~5センチのミニナイフを持ってるのと日本刀持ってるのじゃ、同じ刃物でも全然違いますもんね。
刃物の長さについては、銃砲刀剣類所持等取締法っていうのに記載がありました。

何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが八センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りでない。

銃砲刀剣類所持等取締法第22条

つまり銃刀法としては6センチが1つの基準となるけど、はさみ・折りたたみ式のナイフについては8センチ以下なら大丈夫ってことみたいです。

理由なく持っていたら軽犯罪法違反

じゃあ6センチ以下なら所持していてもいいかというと、そういうわけではないようです。
こちらについては、軽犯罪法に記載がありました。

左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるにに使用されるような器具を隠して携帯していた者

軽犯罪法第1条二

つまり、どんなサイズの刃物だとしても、ちゃんとした理由がなくて所持していると軽犯罪法違反になってしまいます。

ここでいう「正当な理由」とは、「通常人の通常で理解できる正しい理由」とう意味のようです。つまり、「護身用で持ってました」とか、「何かあるかもしれないから何となく持ってました」というような理由では、「正当な理由」として認められないようです。

キャンプに行く時であれば、ナイフやナタなどの刃物以外にもキャンプ道具も持っているはずなので、「キャンプで使います」というのは「正当な理由」として認められると思いますが、キャンプ道具も持っていない時などで、例えば車にナイフを入れっぱなしにしてたりすると、「正当な理由」として認められない可能性があります。

まとめ

キャンプでは刃物を使うシーンがよくあります。キャンプ道具として、ナイフやナタなどの刃物は必要な道具です。

なので、キャンプで必要な道具という理由で持っていく分には問題ありませんが、当然人に危害を加えようとすれば加えれれる危険な道具だという事を理解して持っていく必要があります。

また、キャンプに行かない時にも車に入れっぱなしというようなことが無いように注意しておかないといけませんね。

結論「キャンプの時以外は刃物を持ち歩かないように!」

でもキャンプで使う刃物は、やっぱ欲しいんですよねー(^^♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ