【快適キャンプ】あると便利なキャンプ用品 調理編②

前回紹介しきれなかった、あると便利なキャンプ用品の調理編②です。

前回の記事はこちらです。

キャンプを始めると、テントやチェア、調理器具や寝袋など必須となってくるアイテムを揃え、その後、キャンプに行く回数が増えてくると、「こうい...



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へにほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

料理を快適にする調理器具パート2

大きいの鍋やフライパンでも安心の安定感「クッカースタンド」

我が家ではご飯を炊いたりフライパンで炒め物をしたりする時は、SOTOのシングルバーナー「ST-310」をよく使います。

キャンプといえば、バーベキュー!という方も多いと思いますが、お湯を沸かしたり、お米を炊いたり、カレーや炒め物・鍋料理などのバーベキュ...

このバーナーは火力も強いですし、コンビニでも手に入るCB缶が燃料なので、コスパも良いです。
ただ、五徳部分が小さいので、ソロキャンで使うような小さいクッカーなら問題ないんですが、ファミキャン・グルキャンで大きいサイズの鍋やフライパンを使うと、どうしても不安定になってしまいます。
そういう時に使えるのが、クッカースタンドです。

収納時はコンパクトに折りたためて、使用時は防風にもなるし、安定した大型五徳としても使えます。
値段的にも1000円台からあるので、1つ持っておきたいアイテムです。
バーナー使用時の大型五徳としても使用できますが、焚き火で調理する時にも使用できます。

卵を割らずに安全に持ち運ぶ「エッグホルダー」

卵って色んな料理に使えるので、普段からよく食べます。キャンプの時も、卵を使った料理をする事がよくあります。
キャンプでは自宅やスーパーで購入した食材を、車・テントサイト・調理場などへ移動するので、うっかりすると卵を割ってしまうこともあります。
そういったうっかり割ってしまう事故を最小限に防ぐため、エッグホルダーを使うのも一つの手です。
ただ、卵をわざわざエッグホルダーに移し替えるのが手間だったりするので、その辺はバランスで(笑)

クーラーボックスの安定設置・保冷効果UPが期待できる「クーラースタンド」

クーラーボックスを暑い時期に地面に直接置いてしまうと、地面からの熱でクーラーボックスの保冷力が下がってしまいます。また、クーラーボックスから食材や飲み物を取り出す時も、高さが低いので腰を曲げて取り出す必要があります。
そういう時に便利なのが「クーラースタンド」です。
このクーラースタンドの上にクーラーボックスを置くことで、地面から高い位置にクーラーボックスを設置することができるので、地面からの熱問題と腰を曲げて取り出す問題をクリアする事ができます。

ゴミが出たらすぐに分別して捨てられる「ダストスタンド」

調理中に出るゴミや、飲み終わった空き缶・ペットボトルなど、キャンプ中は何かとゴミが出ます。
簡単に分別できるゴミ箱があると、あとでゴミを拾ったり分別したりする手間が省けます。
もちろん、ダストスタンド単体では単なる骨組みだけで機能しません。レジ袋やキャンプ場指定のゴミ袋をセットする必要があるので、キャンプ場指定のゴミ袋が無いキャンプ場を利用する際は、レジ袋などのゴミ袋も持っていくことを忘れないように。

まとめ

キャンプを快適にする便利なキャンプ用品の中で、調理関係のアイテムを紹介しました。
それぞれのキャンプスタイルで使いたいアイテムも変わってくると思いますので、あくまで我が家のキャンプスタイルでの便利アイテムのご紹介ということで悪しからず。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村