2018年夏休み 箱根ユネッサンで天気を気にせずお風呂とプールを満喫

夏休みに平日(金曜日)休みが取れたので、久しぶりに箱根に行ってきました。

ちょっと天気が心配だったので、天気を気にせずに遊べるユネッサンへ行ってきましたので、レビューを残しておこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへ

ユネッサンの基本情報

ユネッサンの施設

箱根小涌園ユネッサンは、神奈川県箱根町にあるウォータースライダーや屋内プール、温泉などの施設が一体となった水着で遊べる温泉アミューズメント施設です。

エリアは、大きく2つに分かれていて、水着で遊べるユネッサン(屋内と屋外)エリアと、水着ではなく純粋に温泉を楽しむ森の湯エリアに分かれます。

出典:ユネッサンHP

ユネッサンの屋内エリアと屋外エリアは隣接していて、森の湯エリアは更衣室を経由していけるようになっています。まぁ森の湯エリアは男女別でハダカですからね。

出典:ユネッサンHP

施設利用料金

料金も、ユネッサン(水着エリア)と森の湯(温泉エリア)で分かれています。どちらも行けるパスポートというプランもあります。

出典:ユネッサンHP

ちなみに、ユネッサンのHPには利用するプランに応じたクーポンがありますので、必ずチェックしておきましょう。

クーポンのページはこちら

レストラン

ユネッサンは、普通のレストランに加えて、水着に着替えて入場したエリア内にもレストランがあり、食事場所に困る事はありません。

ユネッサンを長時間満喫する方は、ユネッサン屋内エリアにあるフードコート「フォンターナ」がおススメです(詳細レビューはのちほど)。

入場前のエリアでは、ランチバイキング「大文字テラス」がおススメです。

出典:ユネッサンHP

このランチバイキングは、2018年3月にオープンしたランチバイキングで、ローストビーフをはじめ、パスタや中華、スイーツなど約60種類の料理をバイキング形式で食べられる食べ放題のお店です。

料金はランチにしてはちょっと高めですが、以前我が家が利用したときは、遅めのランチでがっつり食べて、夜は軽めにしました。

出典:ユネッサンHP

その他にも施設内にいくつか食事ができるところがあります。

その他の施設

ユネッサンは施設内に遊ぶところも食べるところもありますが、水着などを忘れた場合はショップ「ukiuki」でレンタルや購入ができます。

出典:ユネッサンHP

また、休憩施設も充実していて、無料の休憩エリア(リラクゼーションルーム)と、有料の個室があります。

有料の個室は、ユネッサン(水着エリア)で1日8,000円の個室が7室、森の湯(温泉エリア)で1日5,000円の個室が2室あるそうです(使った事ないですが…)。

他にも、マッサージができるところや、お土産屋さんもあり、1つの施設で何でもそろってるオールインワン施設という感じですね。

実際に行ってみて…

ここからは実際に夏休みに行ってみたので混雑状況や施設の詳細をご紹介します。

到着から受付まで

ユネッサンには車で行きました。到着したのが午前11時ぐらい。一番近い第1駐車場は既に満車という事で、ユネッサンの入り口からさらに350メートルほど坂道を登った第2駐車場へ停めました。

「この坂道歩いていくの!?」と思いましたが、第2駐車場からシャトルバスが出ていて、シャトルバスに乗って行けました。

さて、無事にユネッサンに到着して受付を…と思ったら、受付までが長蛇の列(*_*;

11時15分ぐらいから並び始めて、受付出来たのが12時ぐらいだったので、約45分ぐらいかかりました。

この受付時に、ユネッサンHPのクーポンをスマホで表示すると割引してくれます。

料金の支払いは後払いなので、受付では施設の簡単な案内をされて、ロッカーキーをもらうだけです(これだけなのに受付待ちが大行列なのはなぜなのか…)。

ロッカールーム~待ち合わせスペース

受付でもらったロッカーキーにバーコードがついていて、施設内の買い物はすべてこのバーコードで済ませる事ができるので、財布を持ち歩く必要がなくてとても便利です。

受付が済むと入り口ゲートを進み、その後は男女別のロッカールームに分かれているので、すぐに着替える事ができます。ロッカールームは4階と5階に分かれています。男女で4階と5階に分かれてしまっても、着替えが終わって水着エリアに向かう途中に待ち合わせエリアがあるので迷子にならずに合流できます。

ユネッサン屋内エリア

待ち合わせ後、水着エリアに入るとこんな感じで大きな屋内プールがあります。

深さは大人の腰ぐらいです。ほどよい温水なので、気温の低い日でも楽しめます。

屋内エリアの2階部分は、色々なお風呂があります。

2階にはドクターフィッシュもあります。

中でもアイスコーヒー風呂は、定期的にアイスコーヒーに見立ててミルクや氷を入れるイベントをやっていて、子どもたちは大盛り上がりでした。

フードコート「フォンターナ」

お腹が減ったら、屋内エリアのフォンターナで食事をとることができます。

時間帯によってはかなり混雑しています。注文も混雑しますし、テーブル席も数が限られてるので、我が家は注文で並ぶチームとテーブル席確保チームで分担して、注文が終わる前にテーブル席を確保できました。

メニューはよくあるファストフードメニューです。アルコール類もあります。

ユネッサン屋外エリア

屋外エリアは、この日は天気があまり良くなくて雨が降ったり止んだりという感じだったので屋内エリアと比べると少なかったように感じました。

ウォータースライダーの下には洞窟風呂も。

まとめ

ユネッサンは、季節や天気に関係なく、全天候型で楽しめるアミューズメント施設でした。

遊べるプール・お風呂が沢山あって、食事や休憩も出来るので、移動を気にせずにすべて一か所で済ませるなら良い施設だと思います。

ただ、半日~1日居れば、「遊び足りない」という事はないので、年に何度も行くとちょっと飽きちゃうかもしれません。

箱根にはユネッサン以外にもたくさんの観光スポットがあり、首都圏からのアクセスも良いので、ちょっとした小旅行にはちょうど良いです。

ユネッサンに行った事が無い方は是非一度いかがでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへ