【格安SIM】マイネオが大手3キャリアに対応。端末そのままで乗り換え可能になりました

我が家のiPadは、2018年発売の第6世代で、Wi-Fi+Cellularモデルです。格安SIMを比較検討した結果、マイネオを利用しています。

比較検討記事はこちら↓

第6世代のiPadを購入しました。 Wifi+Cellularモデルを購入したので、SIMカードが必要です。iPad購入前もASU...

マイネオの記事はこちら↓

第6世代iPad(Wifi+Cellularモデル)の購入に合わせて、格安SIMの契約をしました。 私が契約したのは、mineo(...

マイネオの格安SIMを利用して約2ヵ月ですが、今のところトラブルもなく、回線速度も安定していてとても満足しています。
マイネオの契約プランには、これまで「Aプラン(au回線利用)」と「Dプラン(docomo回線利用)」の2プランがありましたが、2018年9月4日(火)からは「Sプラン(ソフトバンク回線利用)」が追加されます。
これで、大手3キャリア全てに対応する事になるので、現在大手キャリアを利用してるけど、格安SIMに切り替えてスマホ料金を抑えたいという方すべてに対応する形になります。格安SIMを提供している会社の中で、3キャリア全てに対応したのはマイネオが初だそうです。

格安SIMを利用すると月額料金は抑えられますが、スマホ本体が気に入ったモデルが無かったり、今使ってるスマホで満足してるのでそのまま使いたいけど、回線対応していないなどの問題が発生する可能性がありました。
しかし、今回ソフトバンクの回線対応することで、au・docomoに加えて大手3キャリア全てに回線対応することになるので、今使っているスマホをそのまま利用してマイネオの格安SIMに切り替えることも可能になります。
例えば、現状ソフトバンクで契約していてソフトバンクのスマホを利用していた場合は、マイネオに切り替えると今使ってるスマホはSIMロックを解除しないと使えなくなってしまいます。しかし、今回の「Sプラン」を契約すれば、今使っているスマホがそのまま利用可能なので、ソフトバンクを解約してそのままマイネオに移行できます。

さらに今なら3キャリア対応記念という事で、「祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン」を開催しています(2018年7月24日~2018年11月6日まで)。

我が家のiPadは音声通話が不要なので、マイネオの契約はデータ通信専用プランで契約していますが、このキャンペーンはデュアルタイプ(データ通信+音声通話)の契約が対象となります。

このキャンペーンはソフトバンク回線を利用する「Sプラン」だけではなく、既存の「Aプラン(au回線)」と「Dプラン(docomo回線)」も対象となっているので、格安SIMへの切り替えを検討している方はマイネオを候補にしてみてはいかがでしょうか?

マイネオのキャンペーン詳細はこちら

スマホは生活の中でも非常に便利なので欠かせない存在になっていますが、月々の料金の負担も大きなものになってしまいがちです。格安SIMは「手続きが面倒」、「不安定そう」、「まだ大手キャリアの契約期間が残ってる」といった理由でついつい大手キャリアのまま使い続けてしまっている方も多いのではないかと思います。
2年縛りなどの契約をしている方は、「いつ2年縛りが終わるのか」をしっかり確認して、そのタイミングで格安SIMへ切り替えてみてはどうでしょうか?