自動車税の支払いをペイジー(Pay-easy)でやってみたら簡単で手数料も無料だった

5月は自動車税の納付シーズンです。
先日自動車税についてブログでまとめてましたが、肝心の支払いを忘れていたので本日支払いをしました。

車のお持ちの方は、そろそろ自動車税納税通知書が届いている頃ではないでしょうか? 我が家にも先日届きました。残念ながら。。 車を維...

今まではクレジットカードで支払いをしていましたが、手数料がかかっていたので、今回は初めてペイジー(Pay-easy)を使ってみました。
予想はしていましたが、ホントに数分で手続き完了してしまうほど簡単でした。手数料も無料だし、24時間手続きできるし、やはり便利な仕組みはドンドン活用しないといけないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 投資ブログへ

ペイジー(Pay-easy)ってどんなサービス?

ペイジーは、各種税金や公共利用金、その他様々な支払いをパソコンやスマートフォン、銀行ATMから支払う事ができるサービスです。
郵送されてくる書類については、送付されてきた納付書や請求書に、「ペイジー」のマークがついていれば支払いが可能です。
インターネットで購入した際には、支払い方法でペイジーが選択できれば支払いが可能です。

いつでもどこでも利用できる

何といっても便利なのが、24時間いつでもパソコン・スマホがあれば支払いができます。支払いって期限が先だとついつい支払いを先送りにしてしまって、気が付けば期限ギリギリになってしまう事ってありますよね。

思い出した時にすぐに支払いができますので、忙しいお昼時に銀行窓口やATMに並ばなくても支払いをすることが可能です。

操作が簡単

これや実際に一度経験してみるのがいいと思いますが、ものすごく簡単です。

しかも、基本的には入力するのは数字だけでOKなので、パソコンのキーボード操作やスマホの文字入力が苦手な方でも問題なく操作できます。

様々な支払いに対応している

便利な仕組みは利用者がどんどん増えてくるので、使える範囲も広がっていきます。ペイジーもとても便利なので、様々な支払いに対応してきています。今回の自動車税の支払いや、携帯電話料金、ネットオークションやアメリカのビザ申請料金なども対応しています。

今後、さらに対応する範囲は広がっていくでしょう。

自動車税をペイジーで支払う

ペイジーのサイトでも、自動車税の支払いが便利で簡単に納付できることが紹介されていますね。

では、実際の操作はどうやればよいのかをご紹介します。

事前に納付書を手元に用意する

自宅に届いた自動車税の納付書に記載されている以下の番号を入力することになります。

入力する番号
・収納機関番号
・納付番号
・確認番号
・納付区分

金融機関のインターネットバンキングにログイン

支払いを行う金融機関のインターネットバンキングにログインします。ログイン後にすぐにペイジーの番号を入力する場合は、ペイジーのサイトから金融機関を検索した方が便利です。

納付書に記載された4つの番号を入力する

金融機関のインターネットバンキングにログインしたら、納付書に記載された4つの番号を入力します。

以下は、三菱UFJ銀行の例です。

あとは金額などが自動で表示されるので、確認して完了です。

ログインして、番号を4つ入力するだけ。とっても簡単です。

対応している都道府県

自動車税の支払いでペイジー支払い対応しているのは、2018年5月時点では22都府県のようです。今後拡大中のようなので、未対応の地域については今後の対応に期待ですね。

軽自動車税もペイジーに対応

自動車税は都道府県税ですが、軽自動車税は市町村税なので、お住まいの市町村がペイジー支払いに対応していれば軽自動車税もペイジーで支払いが可能です。

対応可能かどうかは、ペイジーのこちらのページへ。

まとめ

以上、自動車税をペイジーで支払いしてみたのでまとめてみました。実際にやってみると、ホントに便利でした。

インターネットの普及で時間や場所にとらわれずに色んな事ができるようになって、ホントに便利になってきています。民間企業だけでなく、公共機関もどんどん便利なサービスを展開していってほしいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 投資ブログへ