投資の神様ウォーレン・バフェットが若い頃にやっていたビジネスとは?

mohamed_hassan / Pixabay

投資や金融について少しでも勉強した方なら必ず知ってるぐらい有名な投資家「ウォーレン・バフェット」氏。
投資の経験のある方なら、誰もが憧れるほどの運用成績を残し、フォーブスの長者番付には毎年名を連ねています。
今から彼のようになるのは難しいでしょうけど、彼のマインドや格言は、投資をする上で多くの人が参考にしています。
そんなウォーレン・バフェット氏がまだお金持ちじゃなかった頃にどのようなビジネスをやっていたかご存知でしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 投資ブログへ

ウォーレン・バフェットの出身

usina3 / Pixabay

ウォーレン・バフェットは、1930年アメリカのネブラスカ州オマハで生まれました。
出身地であるオマハから、「オマハの賢人(Sage of Omaha)」とも呼ばれています。
父親のハワード・バフェットは、証券会社を営んでいて、アメリカ下院議員も4期にわたって務めていました。

もともと投資に近い家系に生まれてたんですね。

幼い頃からビジネスをやっていた?

fancycrave1 / Pixabay

ウォーレン・バフェットは、既に幼少期の頃からお金を稼ぐことに興味があり、ビジネス(というか小遣い稼ぎ)を始めていました。

オマハに住む祖父からコーラを仕入れて、それを販売したり、新聞配達、ゴルフ場でのボール拾い、競馬新聞の販売などをしていました。

当時は4つのクワドラントの左側だったんですね。

4つのクワドラントについては、こちら↓

「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏の「キャッシュフロー・クワドラント」で紹介されている4つのクワドラントをご存知でしょう...

11歳で株券購入

PIX1861 / Pixabay

ウォーレン・バフェットは、11歳で初めて株券を購入しました。

1株38ドルの株式を3株購入し、購入後に27ドルまで下がってしまいますが、手放さずに持っていて、40ドルまで上がった時に売却しています。

始めての投資で6ドルの利益を手にしていますが、実はこの株はその後200ドル近くまで高騰したんです。この事から、現在に至るまで彼の投資判断となっている「買ったら手放すな」という教訓が生まれています。

高校3年でビジネスオーナーへ

高校3年の時に、ウォーレン・バフェットは友人と理髪店にピンボールマシンを置くビジネスを始めます。

中古のピンボールマシンを購入し理髪店に置かせてもらい、散髪に来たお客さんが待っている間にピンボールマシンで遊んでもらい、その売り上げを理髪店を折半するというビジネスモデルです。

理髪店にとってはリスクも無いので、彼のビジネスは理髪店にも受け入れられました。そして、彼が凄いのは、その売り上げを使ってしまうのではなく、新しいピンボールマシンに投資していったんです。

数か月後には、町中の理髪店にピンボールマシンを設置するほどになり、週50ドルの利益を出すビジネスに成長しました。

翌年にはこのビジネスを1200ドルで売却しました。

ウォーレン・バフェットは、これ以外にも様々なビジネスを手掛け、なんと16歳の時には現在価値で約600万円もの資産を手にしていたそうです。

まとめ

stevepb / Pixabay

その後も資産を増やし続け、32歳の時には7つの会社を立ち上げ、ミリオネアとなり、2008年には世界長者番付の1位となりました。

証券会社を営む家系に生まれ、幼い頃からお金の英才教育をされていたのかもしれませんが、16歳で600万円の資産を作るほどの行動力は、やはり凄いですね。

彼のような大金持ちにはなれないかもしれませんが、少しでも近づけるように投資していこうと思います(^^♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 投資ブログへ