【初心者向け】インデックスファンドなどで使われてる株価指数とは?

Tumisu / Pixabay

投資の勉強をしていたり、経済ニュースを見ていたりすると、「日経平均」とか「TOPIX」とか「NYダウ」という言葉をよく目にします。
こういった指数、聞いたことはあるけどよくわからないという人も多いのではないでしょうか?
これらの「株価指数」について調べてみました。

株価指数とは?

「株価指数」とは、東証などの取引所単位や特定の銘柄群の株価の動きを表したものです。株価指数は、継続的に公表される指数なので、この指数の動向を見れば、変動推移を把握することができます。

日本の代表的な株価指数

日経平均株価(日経225)

日経平均株価は、その名の通り日本経済新聞社が公表している株価指数です。ニュースなどでは、「日経平均」という言葉がよく使われているので、聞き覚えがある人も多いと思います。

また、「日経225」ともいわれる通り、東証1部上場銘柄の中から日本を代表する225社の株価をもとに計算されています。

TOPIX(東証株価指数)

TOPIXは、東証1部上場全銘柄を対象に計算された株価指数です。TOPIXは、「Tokyo Stock Price Index」の略らしいですが、省略の仕方がわかりにくい(笑)

日経平均株価が225銘柄に対して、TOPIXは約2,000銘柄なので、日経平均よりも市場全体の値動きを表していると言われています。

国内株式の投資信託のベンチマークとしても多く使われている株価指数です。

その他の株価指数

その他、日本経済新聞社が発表している、ジャスダック市場上場銘柄を対象とした日経ジャスダック平均株価、東証ジャスダック市場が公表しているJASDAQ INDEXなどがあります。

海外の代表的な株価指数

S&P500

アメリカのスタンダード&プアーズが定めている株価指数です。工業・金融・運輸・公共株などの各指数で構成されていて、採用銘柄は約40業種、ニューヨーク市場の時価総額の約75%をカバーしています。

時価総額をベースとした株価指数で、市場全体の動きを表す指数として利用されます。

ナスダック総合指数

新興企業向けの株式市場であるNASDAQに上場する全銘柄の時価総額加重平均で算出した株価指数です。

NASDAQには、マイクロソフトやアップル、facebook、Amazon、Googleなどが上場しています。世界的にメジャーなIT企業が上場しているので、関連業界の動向を知る上では、ナスダック総合指数は重要な指数です。

NYダウ

ダウ・ジョーンズ社がニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している企業の中から著名な30銘柄を対象として算出・公表しているアメリカを代表する株価指数です。

対象銘柄が30銘柄という少なさですが、アップルやNIKEなど世界的な企業が選ばれていて、この30銘柄だけで、東証一部上場銘柄の時価総額を超えています。