『4つのクワドラント』経済的自由を手に入れるには?

「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏の「キャッシュフロー・クワドラント」で紹介されている4つのクワドラントをご存知でしょうか。

誰もが経済的な自由を手に入れることを望んでいます。しかし、実際に経済的な自由を手に入れるためにはどのようなプロセスを踏めばいいのかは多くの人が分かっていません。

この4つのクワドラントは、経済的な自由を手に入れるために理解しておかなければいけない、非常に重要なモデルです。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

4つのクワドラントとは?

4つのクワドラントとは、職業(収入経路)を以下の4つ(ESBI)に分けたモデル図です。

E(Employee) … 従業員
S(Self Enployee) … 自営業者
B(Business Owner) … ビジネスオーナー
I(Investor) … 投資家

E(従業員)は、働いた分だけの対価をもらえますが、誰かに雇われていて、給料も決まっています。そして、自分じゃなくて別の人でも代替が可能です。

S(自営業者)は、働いた分で自分を雇っています。誰かに決められているわけではないので、働いた分だけ稼ぐ事ができます。ただし、自分が働かなければ収入が無くなり、機能しなくなります。

B(ビジネスオーナー)は、働いた分以上の対価を得ることができます。また、自分が働かなくても収入を得る仕組みができています。

I(投資家)は、お金を働かせてお金を得ます。自分自身の時間をかけて収入を得るのではなく、自分のお金を提供するだけで収入を得ることができます。

左側クワドラント(従業員・自営業者)の特徴

左側のクワドラントに位置する従業員(Employee)と自営業者(Self Employee)は、以下のような特徴があります。

左側クワドラント(従業員・自営業者)の特徴
・時間の切り売りでお金を稼ぐ
・お金を稼ぐほど忙しくなる
・収入が増加すると労働時間も増加する

右側クワドラント(ビジネスオーナー・投資家)の特徴

一方、右側のクワドラントに位置するビジネスオーナー(Business Owner)と投資家(Investor)は、以下の特徴があります。

右側クワドラント(ビジネスオーナー・投資家)の特徴
・お金を稼ぐほど時間が増える
・収入が増加すると労働時間は減少する

自分はどのクワドラントに属しているか?

4つのクワドラントのうち、あなたはどのクワドラントに属していますか?

ほとんどの人は、左側のクワドラント、つまり従業員(Employee)もしくは自営業者(Self Employee)ではないでしょうか。

実際、日本人の97%以上は左側のクワドラントに属しています。そして、今の常識や教育制度のままでは、左側のクワドラントに属している人は、一生左側クワドラントのままなのです。

左側クワドラントは、自分の時間を犠牲にしなければお金を稼ぐ事ができません。経済的な自由、つまり自分が働かなくても収入を得られ続ける状態は、左側クワドラントに属している限り、手に入れることはできないのです。

トマ・ピケティの『21世紀の資本』にもあるように、右側クワドラントに属する人たちの資本収益率は、左側クワドラントに属する人たちが働いて得る収益率よりもいいんです。

フランスの経済学者トマ・ピケティをご存知でしょうか。 『21世紀の資本』という経済本の著者です。ピケティ氏は世界20か国以上、...

その時の年齢や家族状況によって判断も変わるでしょうが、私は4つのクワドラントのうち、完全に右側クワドラントにスイッチしなくてもいいんじゃないか、いや、むしろ仕事が楽しい(左側クワドラント)状態で、さらに右側クワドラントにもシフトしていきながら、経済的な自由を手に入れるのが一番いいんじゃないかと思ってます。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ