少額から投資を始めてみるならNISAを活用したい

stevepb / Pixabay

将来のためにも資産運用をはじめてみたいけど、どうやってはじめればいいのかよくわからない方も多いかと思います。

そんな方は、「NISA」を活用して資産運用をはじめてみるのをおススメします。

私もNISAを活用して資産運用をはじめました。

はじめてみるまでは、

「よくわからない」

「損するかもしれない」

「仕事してるから時間をとれない」

と思って、なかなかスタートできなかったんですが、はじめてみれば最初の手続きだけやってしまえば、あとは基本的にはほったらかしです。

はじめてみたいけど、なかなか行動に起こせていないという方は、簡単に始められるので是非はじめてみてください!

NISAってどういう制度

Anemone123 / Pixabay

NISAとは、2014年1月から始まった少額投資非課税制度の愛称です。

このNISAという制度を活用すれば、運用で得た利益を非課税で受け取る事ができます。

これ、結構スゴイことでなんです。通常、運用で得た利益に対して、約20%の税金がかかります。

運用益が100万円だった場合、約20万円の税金がかかるので、税引き後の利益は80万円になります。

これが、NISAを使えば100万円まるごと貰えるという制度です。

■対象者   :日本に住んでいる20歳以上の人

■対象金融商品:株式・投資信託等

■口座開設数 :1人1口座

■非課税期間 :最長5年(ただしロールオーバーが可能)

■投資可能額 :1年間で120万円が上限

■投資可能期間:2014年~2023年

毎年120万円までで5年間非課税

NISAでは、1年間で120万円までの金融商品を購入することができます。購入した金融商品から得た配当金や、値上がりして売却した際の譲渡益が非課税になります。

1年間で120万円までで、5年間なので、最大で600万円まで投資することが可能です。

NISAは2023年までしか利用できない

このお得なNISAという制度は、ずっと続くわけではありません。

2014年に開始されたNISAは今のところ2023年までの制度となっています。なので、この制度を有効期間いっぱいで活用しようと思うなら早く始めることが必要です。

また、NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。ロールオーバーとは、非課税期間の5年間が終了した時に、保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移すことをです。

例えば、2018年に100万円の金融商品を購入して、5年後の2023年に130万円になっていた場合、この130万円を2023年のNISAの非課税投資枠に移すことができ、2028年まで非課税で運用することができます。

この例の通り、ロールオーバーする場合は上限金額に制限はないので、年間の非課税投資枠の120万円を超過していても全額ロールオーバーする事が可能です。

はじめるには口座開設が必要

Alexas_Fotos / Pixabay

では実際にNISAを活用して資産運用をはじめてみよう!と思ったら、まずは銀行や証券会社で口座を開設する必要があります。

他のブログでも詳しく書かれてますが、やはりネット証券で口座開設がいいと思います。

私はSBI証券で口座を開設しました。口座管理料・開設手数料が無料です。

他にも、楽天証券・カブドットコム証券・マネックス証券などがあります。

口座開設は、証券会社のサイトから必要事項を登録して、マイナンバーや本人確認書類が確認できれば開設ができます。

つみたてNISAじゃなくてNISA?

2018年1月から、つみたてNISAもスタートしました。つみたてNISAは、年間で40万円までで最長20年間非課税になりますので、長期で非課税での投資をするならつみたてNISAの方が適しています。

ただ、私はつみたてNISAじゃなくてNISAにしました。

NISAとつみたてNISAの大きな違いは、非課税対象となる金融商品です。NISAは株式も対象になりますが、つみたてNISAは一定の投資信託のみ、となっています。

少額で資産運用をスタートするなら、投資信託がベストなので、NISAでもつみたてNISAでもどちらでも非課税なので好きな方でいいんですが、私は一部を投資信託だけじゃなくて株式にも投資したいのでNISAにしました。

NISAの方が期間が短いんですが、NISAからつみたてNISAへの変更も可能なので、NISAの期間が終わったらつみたてNISAにしようと思ってます。

まとめ

Huskyherz / Pixabay

人生100年時代がやってきます。将来の安定した生活のためにも、少しずつでも資産運用をはじめていかないと後悔します。

手続きが面倒だから…といってスタートできないと、投資の大原則の1つ「長期間で時間分散」の期間がどんどん短くなっていきます。

手続きは1時間もかからないので、まずはネット証券のサイトへアクセスしてみてはいかがでしょうか?