メリットいっぱいのiDeCo(個人型確定拠出年金)やってる人は年末調整で控除申請をお忘れなく


iDeCoは将来の積み立てで、税制優遇も大きいのでやっている方も多いと思います。私の周りでもたくさんの人がやってます。
会社員で年末調整をする時期ですが、その際にiDeCoの控除申請を忘れないようにしましょう。

高齢社会が進む日本で、将来の公的年金制度で今の現役世代がいくら年金を貰えるのか不安な方も多いかと思います。 平均寿命も延び続け...

にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へにほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 アウトドアブログへ

iDeCoの3つのメリット

iDeCoは、以下の3つの税制優遇があります。

積み立て時に所得税控除

毎月の積み立て金額は会社員の多くは2万3000円が上限で、1年間で27万6000円になります。

当然、この金額は自分の将来のための積み立て金額になりますが、毎年の税金を減らす税制優遇があります。この税制優遇は積み立てをしている期間は毎年恩恵を受けることができます。

運用時の利益が非課税

毎月積み立てた運用資金に対して、運用益が発生した場合(利益確定した場合)、通常は20.315%の税金がかかります。しかし、iDeCoで運用している場合はこの20.315%の税金がかかりません。

仮に10万円の利益が出た場合、通常は約2万円の税金がかかるので、実質利益は8万円になります。

しかし、iDeCoで運用していれば10万円が税金が引かれることなくそのまま実質利益になります。

ただし、注意点としては60歳まで引き出すことはできません。利益10万円が確定してもiDeCo口座の中だけの話になります。

引き出すことができないのは、どうしても手元にキャッシュが必要な場合はデメリットになりますが、逆に考えると強制的に運用するしか方法が無いので、利益が出たらその資金を再投資し、複利の恩恵を受けましょう。

受け取る時も控除

60歳以降に、積み立てたお金を受け取るときも、税制優遇をうけることができます。

受け取る方法は2つあります。

老齢給付金を一時金として受け取る

この場合、受け取るお金は「退職所得」とみなされ、退職所得控除が適用されます。

控除される金額は、積み立てた年数によって変わります(積み立てた年数が勤続年数とみなされる)。

積み立て期間が20年までは、1年につき40万円、20年を超える年数については、1年につき70万円を掛けた金額となり、それを上回った部分についても課税所得はその半分になります。

例えば、毎年10万円を30年間積み立てた場合、

40万円×20年 + 70万円×10年
= 800万円+700万円
= 1500万円

積み立てた金額に運用益も発生して、受け取る一時金が3500万円だとすると、課税対象となるのは、

(3500万円ー1500万円)×1/2 = 1000万円

となります。

この1000万円に所得税がかかります。

3500万円のうち、2500万円は課税対象から控除されます。

老齢給付金を年金として受け取る

この場合(年金として、つまり分割して受け取る場合)、公的年金との合算して、公的年金控除が適用されます。

3つのメリットの恩恵を受けるために

このように3つのメリットの恩恵を受けるには、多少手間でも手続きをしっかりすることが必要です。

特に、会社員の人が積み立て時の毎年の所得控除の恩恵を受けるには、年末調整の時に「小規模企業共済等掛金控除」の申請をする必要があります。これは生命保険料控除や地震保険料控除と同じように、12月までの払い込み予定金額を記入し、国民年金基金連合会から郵送されてくる「小規模企業共済等掛金控除証明書」という控除証明書を添付して申請します。

まとめ

iDeCoは、60歳まで引き出せない強制積み立てという制限はありますが、非常に強力な税制優遇の恩恵を受けることができます。
特に長期積み立てで複利運用の恩恵も将来の資産形成にとっては大きな力になります。
興味はあるけど、まだiDeCoを始めていない人は、まずは証券会社に口座を作る必要があります(SBI証券、楽天証券など)。
はじめは面倒かと思うかもしれませんが、行動しないと何も変わりません。是非試してみてはいかがでしょうか?

高齢社会が進む日本で、将来の公的年金制度で今の現役世代がいくら年金を貰えるのか不安な方も多いかと思います。 平均寿命も延び続け...
個人型確定拠出年金、通称「iDeCo(イデコ)」ですが、加入対象者も広がり、税制優遇も魅力なので興味を持っている方や実際に加入された...

にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へにほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 アウトドアブログへ