iPadでマウス使ったら快適度大幅UP!やっておくべき設定方法も解説

スポンサーリンク
iPad OSがリリースされてしばらく経ちますが、今更ですがマウスを導入してみました。
結論、もっと早く導入しておけば良かった…と後悔しております。
Windowsに慣れた私としては、iPadはiPad OSになったとは言っても所詮はタブレット。
求めるようなマウス操作なんてしてくれるわけがない…と思ってましたが、すみません。ナメてました。。
もちろん、PCと全く同じようなマウス操作ができるということはないんですが、それに近い操作感で操作することができます。
アプリに依存する部分もありますが、よほど特殊なアプリを使っていなければかなり生産性は上がると思います。

スポンサーリンク

マウスを使えるようにするための設定方法

何はさておき、まずはiPadとマウスを接続する必要があります。これはイヤホンや外付けキーボードなどの他の機器と同じようにBluetooth接続で接続します。
マウスをBluetooth接続待機設定にして、iPadのBluetooth接続先に表示されたら、選択して接続するだけです。

次に設定するのは、「一般」ー「トラックパッドとマウス」という設定画面。
特に、「ナチュラルなスクロール」という項目はスクロール設定で重要です。
この項目がONになっていると、マウスのスクロールを下にスクロールするとiPadの画面は上にスクロールします。
私はPC操作でこれまで逆の操作感で慣れているので、この項目はOFFに変更しています。

あとは、アクセシビリティの画面から、マウスの各ボタンでどのような操作をするのかを割り当てることができます。
ちなみに私は以下のような割り当てをしています。
ボタン1(左クリック) → シングルタップ
ボタン2(右クリック) → 長押し
ボタン3(スクロールホイールクリック) → ホーム画面表示
ボタン4(サイドボタン)→ 右にスクロール
ボタン5(サイドボタン)→ 左にスクロール
上記の設定の通り、接続したマウスのボタンに色んな操作を割り当てることができます。
なので、右クリック・左クリック・スクロールだけじゃなくて、他にも割り当てられるボタンがあるマウスを選択するのがベストです。

マウスは複数接続できるとさらに便利に

iPadは、単体で使うこともありますが、私は自宅にいる時はメインPCの横に置いて、サブ機として使ってます。
そんな時、思いますよね?メインPCとiPadを1つのマウスで操作できたら超絶効率的なんじゃないかと。。。
そうです!マウスの中には、複数の機器と接続できるマウスがあるので、メインPCとiPadどちらも接続設定をしておけば、必要に応じて切り替えることで、1つのマウスでどちらも操作することが可能なんです。
ちなみに、私が使ってるマウスはこの2つ。
1つ目は、自宅のメインPC用で、自宅に置いてるマウス。

2つ目は、iPad用なので外出時はiPadと一緒に持ち出すマウス。

この2つのマウスは、どちらも最大で3台まで接続設定が可能です。
弱点としては、接続機器の切り替えがマウスの裏側(デスクに触れる面)にあるということ。
なので、切り替える時に毎回マウスをひっくり返して、ボタン操作をしなきゃいけないんです。
まぁ切り替えること自体がめちゃくちゃ頻度が多いわけではないですし、複数マウスを毎回使うよりは場所も取らずに効率的にもいいので、運用上は耐えられる範囲です。
ちなみに、Amazonで探してみると、複数端末に接続できて、さらに接続端末をマウスの裏面ではなく表面で簡単に切り替えられるマウスもありました!
値段的にもお手頃価格なので、今度はこれも試してみようかと思います。

最後に

iPadをYouTubeやNetflixなどのコンテンツ消費だけに使うのはもったいないです。
場所にとらわれずに、いつでも手軽に色んな作業をすることができるiPadを最大限活用するアクセサリーの一つとして、マウスは費用対効果もめちゃめちゃ高いと思います。
iPadでマウスなんて使い物にならない…なんて思わず、もっと早く試してみればよかったと後悔しています。
iPadを持っていて、まだマウスを使っていない人は、同じような後悔をしないためにも私の体験談を共有しておきます。
もう私はiPad操作にマウスは手放せません。
タイトルとURLをコピーしました