キャンプ道具を収納・整理できて積載や移動にも便利なおススメのギアコンテナ

スポンサーリンク

 

キャンプ沼にハマってキャンプ道具が順調に増えてくると、キャンプ道具の収納・整理をするためのギアコンテナが欲しくなります。

自宅での保管時にも便利だし、用途やスタイルに応じてギアコンテナをいくつか用意しておけば、そのコンテナを持っていけばいいだけなので、忘れ物防止にもなります。

サイズやデザインも非常にたくさんあるので、その中でもおススメのギアコンテナをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ハードギアコンテナ

ギアコンテナは、プラスチックやアルミなどの硬いハード系と、ポリエステルなどの柔らかい素材のソフト系があります。

まずはハード系のおススメコンテナの中からおススメをご紹介します。

snowpeak シェルフコンテナ

キャンプのギアコンテナを探すと、必ずたどり着くぐらいメジャーでかっこいいsnowpeakのシェルフコンテナ。

無骨でおしゃれで、持ち運びも便利。複数重ねて使うこともできるし、カスタマイズアイテムもたくさん発売されてます。

FIELDOOR コンテナボックス

アルミ製でテーブルとしても使えるコンテナボックス。サイズもS・M・Lの3種類展開されているのもありがたい。

蓋の留め具部分は、別売の南京錠を付ければロックすることもできるので、防犯対策もできます。

CAPTAIN STAG 折りたたみ コンテナ

1つ持っておくだけで何かと便利な折りたたみコンテナ。キャンプに行くときは折りたたんで持って行って、現地で食器を炊事場まで運んだり、薪を入れておいたりと、色んな使い方ができます。
キャンプとは関係ないですが、スーパーに買い物に行くときのエコバッグとして使ってるという強者もいるようです(^^♪

ソフトギアコンテナ

ノースフェイス コンテナボックス

THE NORTH FACEからもソフトコンテナボックスが発売されています。
人気なので品薄状態になってますね。

 

アルバートル マルチギアコンテナ

キャンパーが使うソフトコンテナとしてはメジャーなアルバートルのマルチギアコンテナ。
カラーバリエーションも豊富で、デザインも無骨でかっこいい感じですが、それだけではなくて、シェラカップなどを吊り下げられるカラビナループが付いていたり、4面に持ち手が付いてたり、撥水加工されてたりと機能的にも充実しています。

ヤガイ マルチギアコンテナ 68L

アルバートルをリスペクト?したようなデザイン。

サイズはS・M・Lの3種類、カラーも4色展開されています。

WHATNOT 収納コンテナ

コンパクトなソフトコンテナ。上部カバーがないので、中身がむき出しですが、取り出しやすいというメリットもあるので使い分けるといいかもしれません。


まとめ

キャンプで使える収納アイテムは非常にたくさん発売されています。

小物であれば100円ショップの収納アイテムを利用するなど、色々と工夫していかにコンパクトに効率よく収納できるか、というのも楽しみの1つです。

私もソフトコンテナを3つ、ハードコンテナを2つ持ってますが、キャンプアイテムが増えてきたりスタイルが変わってくると、さらにコンテナが欲しくなります。

個人的にはソフトコンテナの方が使い勝手がいいのでおススメですが、自分のキャンプスタイルに合わせて収納アイテムを選んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました