iPadを更に便利に活用する為のオススメアクセサリー


iPadとApple Pencilを購入して1ヶ月程経ちましたが、これらを更に便利に活用できるように周辺アクセサリーを購入したので紹介したいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ

保護フィルム

画面の保護フィルムは、Apple Pencilで手書きメモをとる事が多くなるので紙のような書き心地のフィルムも検討しましたが、指での操作時にザラザラした手触りで、指での操作時には逆に操作しにくくなるという口コミを見て、書き心地よりも強度と透過度の方を重視して選びました。

iPadは画面が大きいので、フィルムを貼る際にズレないようにコツがいりますが、貼ってからはとても快適に使用できています。フィルムが結構分厚かったんですが、指でのタッチ操作もApple Pencilでの書き心地も快適です。
透過率も高いので、フィルムを貼っている感はほとんど感じられません。

Bluetoothキーボード

購入した当初は、ソフトウェアキーボードで充分だと思っていたんですが、やはり使用しているとどうしてもソフトウェアキーボードだと限界があるという事を感じてしまいます。

ちょっとした利用だけであれば良いのですが、長文を書く場合などはソフトウェアキーボードだとかなりストレスになってしまいます。

また、画面が半分キーボードで隠れてしまうという点も、わかっていたつもりですが、やはり欲が出てしまうもので、「見づらい」と感じてしまうようになってしまいました。

ただ、以前surfaceを利用していた時にも感じていた事なんですが、キーボードは利用せずにタブレットとして使用したい場合に、キーボードを画面の背面側にぐるっと折りたたむとどうしても使いにくい感じになってしまいます。

なので、背面にそのまま折りたたむタイプではなく、180度回転して折りたためるタイプを探しました。

そして見つけたのがこれ。

ノートパソコンのように開けばそのままキーボードとして利用できますが、iPadを装着している側が360度回転するようになっているので、180度回転して折り畳めば、キーボードを隠してタブレットとしても利用できます。

また、地味に使い勝手がよいと感じたのが、キーボード入力時に角度を無段階調整できる点です。カバータイプのものだと、角度が決まってしまうのですが、このキーボードは無段階調整なので、電車の中で膝の上に置いている時・机の上で作業する時など、その時々に応じて使いやすい角度に調整ができるのでストレスになりません。

それと、手元が暗い時にはバックライトを点灯させる事も可能です。

7色は正直いりませんが、自分の好みの色を選択できるのは嬉しいですね。明るさも3段階で調整できます。

Bluetoothで接続するキーボードになりますが、しばらく使ってみてストレスは全くないです。

画面を開いて、iPadを起動し、キーボード入力をしたい時には何かキーを押してあげれば勝手に接続してくれます。切断も不要で、使用しなければ勝手にスリープ状態になってくれるので、Bluetoothだからストレスに感じる事は今のところ全くありません。

バッテリーの持ちも、今のところ一度も切れた事がないので、問題なさそうです。

正直、iPadを購入した時には手書きメモをアナログからデジタルにする事が主な目的だったんですが、このキーボードを購入して大きく生活が変わりました。iPadを開けば、いつでもキーボードが使える環境がこんなに快適だとは…。

iPadのメリットである、持ち運びやすさ・画面の大きさ・利用までのアクセスの速さに加えて、Wi-Fi+セルラーモデルで常にインターネットに接続できている状態、そしてApple Pencilとキーボードという2大インプットデバイスで、私にとって最強のデジタルデバイスになりました。ホント買ってよかった。

iPadの利用が中心になりすぎで、自宅のパソコンの利用が極端に減りました。家にいても、簡単な作業や情報収集・Kindle読書や電子新聞を見るならiPadの方が利用しやすいので、iPadの利用時間の方が圧倒的に多くなりました。

また、読書などをしながら、並行してアウトプットも出来るようになったので、もうホントに効率よくデジタル生活ができてます。

利用しているアプリについては、また改めて記事にまとめたいと思います。

Apple Pencilアクセサリー

Bluetoothキーボードが加わり、iPadが最強のガジェットになったんですが、ひとつだけ困った事がありました。

それは、Apple Pencilの収納です。

キーボードと一緒にApple Pencilケースも購入したんですが、どうしても使い勝手が悪く、他のアクセサリーを探しまくったんですが、どうしても自分の好みに合わず。。。

最終的に辿り着いたのが、「自作」でした。

とは言っても、アイデアと流用元はこれです。

iPadをハメる側に、Apple Pencilを収納するゴムを挟んで設置しました。

ただ、これだけだと勝手に外れてしまったりする可能性もあったので、こちらを装着しました。

これで、キーボードを利用しつつ、Apple Pencilも使いたい時にすぐに使える状態になりました。

それと、Apple Pencilを充電する際にキャップの紛失がいつも気になっていたので、こちらも一緒に購入しました。

これでApple Pencilの収納問題もクリアです!

買ったけど没になったアクセサリー

アイテム自体は悪いわけではないんですが、私のiPad活用方法においてはちょっと合わない為に、残念ながら購入したけど使わなくなったアイテムも一応ご紹介しておきます。

iPadケース

このiPadケースは、Apple Pencilも収納できるケースなので、購入当初は非常に重宝していました。

ただ、キーボードを利用したいという欲望を抑え切れず、Bluetoothキーボードに切り替えてからは、残念ながら出番がなくなりました。

キーボードは利用せずに、ソフトウェアキーボードで十分というタイプで、かつApple Pencilも常に一緒に持ち歩きたいという方には、オススメです。

Apple Pencilケース

こちらはBluetoothキーボードと一緒に購入したんですが、やはりキーボードに無理やり付けるのは無理がありました。

キーボードじゃなくて、シンプルなカバータイプの人は、こちらを利用するのはアリだと思います。

まとめ

iPadはそれだけで十分価値のあるアイテムですが、Apple Pencilとキーボードが一緒になることで私にとっては最高のアイテムになりました。

もちろん、このブログもiPadで書いています。

いつでもどこでもインターネットに接続できていて、開けばすぐに使え、手書きもキーボードも使える。

これは快適以外なにものでもありません。

アクセサリー関係は一旦自分の中でベストな環境になったので、今後はアプリなどのもう少し見直してさらに快適デジタル生活を目指していこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ